低温トリートメントドライヤーの口コミ情報まとめ

雑誌やテレビで数多く取り上げられ
トップヘアモデルまでもが愛用中ということもあり
注目を浴びている低温トリートメントドライヤーの口コミ情報をまとめていきます。

低温トリートメントドライヤーとは
ヘアモデルがこれまで髪のケアに使用していたドライヤーを
1万人の髪質を参考にし
さらに千通を超えるアンケートを基に進化させた
マイナスイオンを放出するドライヤーなのです。

このドライヤーには3保証がついています。
返金保証や、良品の場合に商品交換という品質保証
そして、30日以内に周囲から「髪質が変わったね」と言われなければ
なんと全額返金OKというサービス保証です。

では、低温トリートメントドライヤーを使った方々の口コミを一部
ご紹介いたしましょう。

「熱くないのに乾くのが速いところが不思議です。
でも、髪にまとまり感が出てきたと感じます」

「今までドライヤーで乾かした後の髪は指が通らないほど痛んでいたのに
低温トリートメントドライヤーで乾かした後は指通りがよく
髪もきれいにまとまったので驚きました!」

「ただ乾かしただけなのに、髪をセットしたような仕上がりになりました!」

「髪のパサつきが原因で、せっかく伸ばした髪も切ろうか悩んでいましたが
低温トリートメントを使うようになって
髪に潤いがあり、サラサラになりました。
ドライヤーが違うだけで、こんなに違うなんて意外でした。
とても満足しています!」

このように低温トリートメントドライヤーを使った人は
髪質の変化をはっきりと実感しており
これは満足度99%という数字にも表れています。

実は、公式サイトにはこの残り1%の満足できなかったという口コミも
同じようにきちんと公開されています。
すべての意見に目を通し尊重し、すべてを公表する
そんな姿勢の会社の製品なのですから
中途半端な仕上がりの商品にはならないことはお分かりいただけるかと思います。

ぜひ公式サイトの口コミもチェックしてみてください!(なんと2000件以上の口コミが紹介されています!!)

※追記
最近「低温トリートメントドライヤー」から「ヒートケア60 低温ドライヤー」に商品名が変わりました。
60℃の低温で髪を素早く乾かせるというコンセプトは変わらずによりコンパクトで軽量になって進化したものになります。公式でチェックする際は「ヒートケア60 低温ドライヤー」で探してみて下さい。

低温トリートメントドライヤーの口コミはこちらから!

 

 

 

 

 

 

関連する情報
低温トリートメントドライヤーの口コミや評判はどうか?

広告

公式サイトに行ったら「ヒートケア60 低温ドライヤー」になってたけど低温トリートメントドライヤーじゃないの?

このサイトでは

「低温トリートメントドライヤー」

と紹介しているのに、その公式サイトに行ったら

「ヒートケア60 低温ドライヤー」

と紹介されているので、疑問に思った方も多いと思いますので解説しますね。

実は最初の商品名は

「低温トリートメントドライヤー」

だったのですが、最近改良が加えられその際に商品名も変わって

「ヒートケア60 低温ドライヤー」

となりました。

ですので、基本的にはどちらも同じ商品となります。

「低温トリートメントドライヤー」が旧商品名で

「ヒートケア60 低温ドライヤー」が新商品名ということです。

商品名が違うので、「あれ?」と思った方。どうぞ安心してヒートケア60 低温ドライヤーをお求めになって下さい。

ヒートケア60 低温ドライヤーは60℃の低温で髪をヤケドさせずに優しくブロー出来るというコンセプトはそのままに、旧型の不満点だった大きさと重さに改善を加えて、より小型軽量化に成功した低温トリートメントドライヤーのバージョンアップ版とも言えるものになっていますので。

低温トリートメントドライヤー 改め 「ヒートケア60 低温ドライヤー」の公式サイトはこちらから!

髪の毛の仕上がりがしっとりするドライヤーの特徴は?

髪の毛の仕上がりがしっとりするドライヤーの特徴は?
髪の毛の仕上がりがしっとりするドライヤーの特徴は、風力が強く、それでいて熱すぎず、マイナスイオンが出るところです。髪が長いと乾かす時間も長くなり、髪も傷みやすくなります。イオンが出ていて風力が強いドライヤーなら、髪の毛の仕上がりがしっとりします。使用後は、サラサラヘアになります。夏場は熱風が苦痛になりますが、低温タイプのドライヤーなら安心です。年中気軽に使用できる熱さになっています。UVケアできるドライヤーも髪の毛の仕上がりがしっとりするドライヤーの特徴になります。マイナスイオンが髪への摩擦ダメージを減らしてくれ、UVケアとキューティクルのケアができるので、しっかりとまとまる髪になります。乾く速度が早いので、髪を乾かす時間が減り、乾かすだけで指どおりがよくなります。温冷リズムモードがあり、暑くなりすぎることがないので安心です。マイナスイオンが出てくるタイプのドライヤーは、風がきつすぎず、優しい感じなので、使っていて息苦しくなる感じがありません。これまでのドライヤーと比べて、乾きが早く、髪へのダメージも少ないです。乾かした後もごわごわ感がなく、滑らかな感じに仕上がります。

人気ランキング上位に入るドライヤーのおすすめポイント(1~3位編)

人気ランキング上位に入るドライヤーのおすすめポイント(1~3位編)
人気ランキング上位に入るドライヤーには、おすすめポイントがあります。1位は、ヘアビューザー2d plusプロフェッショナルというドライヤーで、おすすめポイントは、バイオプログラミングという特殊セラミックにあります。吹き出し口に特殊セラミックが取り付けられていて、その隙間を通ると髪の細胞を活性化させることができる温風に変化します。この魔法のような技術が魅力で、髪がサラサラになり、まとまりやすい髪になります。2位は、現役ヘアモデルが推奨する低温トリートメントドライヤーで、おすすめポイントは、60℃の温風で髪を乾かす機能です。安定した温度の温風を広範囲に送り出すことができるドライヤーなので、高い速乾力があります。他のドライヤーのような高温で髪を乾かすタイプではないので、髪にダメージを与えずに乾かすことができます。3位は、無段階風量調節機能を搭載した日立のナノイオンドライヤーヘアクリエプラス+で、段階的に風量を選ぶタイプと異なります。1.0m3/分~1.9m3/分の間なら無段階で好みの風量を選べるようになっています。最大風量1.9m3/分は、非常に強い風量なので、髪の長い女性でも風圧だけで髪を乾かすことができます。

トリートメント機能付きドライヤーについて調べてみた結果…

トリートメント機能付きドライヤーについて調べてみた結果…
トリートメント機能付きドライヤーについて調べてみた結果、高温の温風で髪を乾かすタイプではなく、温風を低温に設定することができる低温機能付きドライヤーが良いことがわかりました。おすすめは、低温トリートメントドライヤーで、60度の温風で髪を素早く乾かすことができます。髪のタンパク質は、濡れた状態の場合、60℃の熱で変性するので、まとまりが悪くなります。低温トリートメントドライヤーなら、60℃以下で髪を乾かすことができるので、熱による髪のダメージを抑えながら乾かせます。60℃の温風で髪を速乾できるので、非常に速乾力には優れています。髪にダメージを与えない温度で速乾できるのが魅力です。トリートメント機能付きドライヤーには、スキンケアまでできるドライヤーがあります。それは、ナノケアドライヤーです。ナノケアドライヤーには、温度調節機能が搭載されています。インテリジェント温風モードは、外気の温度に合わせて自動で温風温度を調整してくれます。60℃の温風で地肌を乾かすスカルプモードは、地肌を乾かすための機能になっています。

トリートメントのコツについてまとめてみた

トリートメントのコツについてまとめてみた
トリートメントするには、コツがあります。トリートメントの効果をアップさせるには、つける前に、しっかり髪の水気を切ることです。水気が多いとトリートメント剤が流れてしまって効果が半減するので、水切りはしっかり行うことです。シャンプー後は、髪の水気を軽くしぼるとよく、タオルで軽く水気を切ります。水気を切らないとトリートメントの油分をはじき、効果が発揮できないので注意が必要です。髪がビショビショだとトリートメントが薄まるので、しっかり水気を切ってからトリートメントしましょう。また、つける時は、毛先から先につけ、束にしてギュっと握ることです。トリートメントは普通、シャンプーの後にするものですが、シャンプー前にすると髪がサラサラになります。ワックスやハードスプレーをした場合、シャンプーでは中々取れにくいのですが、トリートメントを先にすれば、この問題が解決できます。トリートメントをシャンプー前にすると、髪の表面を油分でカバーすることができ、シャンプー後の髪のきしみを防ぐことができます。手ざわりもよくなり、髪の水分の蒸発をおさえることもできます。

ドライヤーの温度を60度にするといいと聞いたけどその根拠は?

ドライヤーの温度を60度にするといいと聞いたけどその根拠は?
ドライヤーの温度は、60度にするといいとよく聞きます。その根拠は、髪のタンパク質は濡れた状態だと、60℃の熱で変性してしまうからです。高温だと、髪の手触りやまとまりが悪くなるので、60℃以下で髪を乾かすことが望ましいです。60度であれば、熱による髪のダメージを最小限に抑えながら、乾かすことができます。ドライヤーから出る温風の温度が高くなるとよくありません。髪のたんぱく質は熱に弱く、変形してしまって、髪が傷む原因になるからです。髪の9割以上はたんぱく質の一種のケラチンからできていて、ケラチンは18種のアミノ酸で構成されていています。ケラチンは熱に弱い性質があり、80度程度の熱で髪を構成するたんぱく質が変形し始めます。そのため、毎日高温のドライヤーの熱を髪にあて続けるとダメージを与えることになります。髪の傷みを防ぐには、熱から髪を守るためのケアが大事になります。ドライヤーは、頭から適度に離して使っても、高温で大風量となると傷みを加速させることになります。低温トリートメントタイプであれば、温風の温度が60度程度に抑えられているので、髪のダメージを最小限に抑えることができます。

ドライヤーを低温にする意味とは

ドライヤーを低温にする意味ってなんでしょうか?

最近、低温をウリにしたドライヤーが出回っていますが、そもそもドライヤーは温風を出すことで髪を素早く乾かすための道具です。

一見ドライヤーを低温にする意味は皆無に思えます。
しかし、髪を保護するという観点から見るとそのメリットが見えてきます。

通常のドライヤーで髪をブローする時の温度はおよそ120度になると言われています。ですが、120度という温度は髪に対しては熱すぎて髪の表面が溶ける等のダメージを負ってしまいます。
この状態を髪やけどと呼び、水分を保持できず、髪がパサ付きハリやコシが失われていきます。
また、髪のタンパク質分が熱によって固まり、ごわっとした髪質になっていきます。

ブロー後の髪がまとまらない、クセ毛がひどくなったという方は髪やけどを起こしている可能性があります。

そういう方にドライヤーを低温にする意味があると思います。

しかし、ただ低温にすればいいわけではありません。素早く髪を乾かせなければ扇風機と変わりないのですから、低温と言えどもある程度の熱はドライヤーには必要です。

理想的なのは髪にダメージを与えない程度の温度で効率的に温風を髪に当てて乾かすことができるドライヤーです。

ですが、今出回っている低温ドライヤーの殆どが、省エネか髪やけどをさせない点のみを重視して、髪を乾かすという肝心のことはおざなりにしたものばかりです。

乾くのが遅いのではドライヤーを使う意味がありません。
本末転倒ですが、それだけ低温で素早く乾かすというのは技術的に難しいのです。

こうなると私が挙げた理想はまるで机上の空論、絵に描いた餅のような話ですが、実はこれを可能にしたドライヤーがあるのです。

詳細を知りたい方は下記リンクのサイトをチェックしてみてください。

髪やけどを防ぎつつ素早く乾かすドライヤーの詳細はココからどうぞ!