どうして、60度という温度でも早く髪が乾くの?

ドライヤーの風と言えば熱いもの、そう思っていませんか?
でも低温トリートメントドライヤーのは60度という低温で
従来のドライヤーよりも早く髪を乾かすことが可能なのです。
一体、どうしてなのでしょう?

実は、これまでのドライヤーには温度のムラがあったのです。
熱風の中心部分はとても熱いのですが
外側になるにつれ温度は下がり、なんとその差は50度もあるのです。
つまり、ドライヤーが直接当たっている部分ではかなり温度が高くなっていても
手を近づける程度ではその温度を実感できていないのです。

低温トリートメントドライヤーは
この温度のムラをなくすことにこだわり続け
世界でも類を見ない規模である1万人以上の調査結果をもとに
日本人がどのようにドライヤーを当てているかを把握し
そこから適した温度を見つけ出すことに成功しました。

もちろん温度のムラも最小限の3度差にまで抑えることを実現し
こうして低温トリートメントドライヤーは生まれました。
そして、商品に対する研究や新たな試みは今現在も続けられています。

ここまで開発に力を入れた商品は、数多くは存在しないはずです。
30日間返金保証もありますから
ぜひお気軽に手にとって効果を実感していただきたいと思います。

温度のムラをなくした低温トリートメントドライヤーの詳細はこちらから!

広告